着たい服を着て心が満たされるということ

こんにちは。Roです。
→ 自己紹介はこちら
 

40代、50代のファッション。
どんな服を着たら良いでしょうか?
 

私は、どんな年代、どんな人も
好きな服を着たらいいと思います。
 

でも、
これは変かな?
似合ってないのでは?
と積極的になれなかったり
 

何を着たいのか
そもそも案が浮かばなかったり
 

なかなか簡単には
いかないのではないでしょうか。
 

今日の記事は

あなたの本当の望みを知って
心が満たされる服を着る
そんなお話です。

 

何となく感じる不安

先日、
こんなメッセージをいただきました。
 

「好みの服が若い頃の自分のイメージに
引きずられてしまいます。

ウインドショッピングをしていて
『これ、いいな、着たいな』と思っても、

我に帰ると

『でも、これを着ると
イタイとか言われるのだろうか?』

みたいな。」
 

この気持ちすごくわかります。
 

私の場合、引きずっているというより、
若い頃お金がなくて
出来なかったファッションを

ちょっとでいいからやり直したい・
取り戻したい

そんな気持ちがたくさんあります。
 

あの頃の自分が好き・気になるから
現在とスッとつながってしまう
 

そういうことなのかもしれません。
 

でも年月はびっくりするくらい
経過していて
 

そのままでいいのか、
非常に気になるというのも
確かにあります。

不安は一つ一つ消す!

自分の好みが、世間とずれていないか?
それは気になるところです。
 

これはどういうところから
生まれてくる心理なのでしょうか。
 

「普通こうだよね」という、
世にはびこったただの情報に
圧倒されているのでしょうか。
 

ある人は、親が厳しくて
自由に着ることが許されなかった、
という抑圧があったり
 

人からファッションを
からかわれたことがあったり
 

酷いことを言われている人を
目撃してしまったり。
 

あなたにとってマイナスな経験が
いつまでも残っているのかもしれません。
 

そんな心のモヤモヤがあると
ファッションから得られる幸せを
どんどん遠ざけていってしまいます。
 

そんな迷い道にいるなら

ここは一つ、
あなたの真の願望を明確にしませんか?

そして

気持ちのブロックを
どんどんはずしていきませんか?

今が変わる時

好みの服があるにもかかわらず
世間的には痛々しいと思われるかな?
という不安も
 

考え方、切り口、
視点をちょっと変えるだけで
 

案外あっさり解消出来るものです。
 

不安がなくなると
堂々と振る舞えるので、
ファッションが身についてきます。
 

冠婚葬祭
そして婚活、就職・面接など
 

TPOに合わせる必要がある場合も
もちろんあります。
 

それ以外の自分のための時間
 

その時に何を着たらいいでしょうか。
どんな気持ちで考えていけばいいでしょうか。
 

あなたに必要なことは
着たい服を着て心が満たされることです

 

その上で

「でも、本当に”イタい”のかな?」

と、どこまでも疑ってしまうことも
ありますよね。
 

そんな時
私のアドバイスがお役に立てると思います。
 

アドバイスを受けようかな
という方は

もしかしたら
 

「型にはめられるかも」
「理論を押し付けられるのでは?」

という心配があるかもしれません。
 

でも、あなたの満足感が全てと
私は考えています。
 

なので、
アドバイスというよりも
 

あなたに強い意志を掘り起こしてもらう
 

そんな気持ちで
やりとりさせていただいております。
 

好きな服でとことん心が満たされたい方は
こちらでぜひ実現してください。

 
 
 

今日の記事はいかがでしたか?
ご質問や、感想、ブログへのリクエストを
いつでも受け付けております。
お気軽にどうぞ!

記事にて取り上げさせて頂くこともあります。
NGの方はあらかじめお知らせ下さい。
どうぞよろしくお願いいたします。

〈メッセージの送り方は2通り〉

●メールフォームに書く

 ⇒メールフォームはここをクリック
 
●コメント欄に書く
 
 ⇩この記事の一番下「コメント」欄に
  ご記入の上、送信して下さい。
 
 

私のInstagramはこちら
 


 

だいたい金曜日毎にコーデを載せています。

使ってるアイテムなど公開中です
フォローよろしくお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。