秋のジャケット。インには何を着たらおしゃれ?

こんにちは。Roです。

→ 自己紹介はこちら
 

今日はジャケットの下に(中に)
着るもの、ジャケットインについてです。
 

何を着たらカッコよく決まるか
考えてみようと思います。
 

お仕事にも、
ちょっと寒い日にも便利なジャケット。
 

でも
着こなしは意外と難しくないですか?
 

かた苦しく見えても嫌ですし、
ボトムスの合わせ方も迷いがち。
 

でも、
こなれた大人カジュアルにする方法は
ちゃんとありますよ。
 

ジャケットを使って
コーディネートの幅を広げたい方は
是非お読みください✨

ジャケットを引き立てるには?

テイラードジャケット
ノーカラージャケット
ラウンドカラージャケット
 

それぞれ衿もとが決め手ですから
それを邪魔せず
引き立てるものがいいと思います。
 

となると、衿のあるカッターシャツは
あまり良くない、と感じています。
 


 

大人が着るとなぜか
老けた”就活生”みたいで
チグハグした印象です。
 

よほど首が長くて細い人じゃないと
なかなか雰囲気はなじまないのが
ジャケット+シャツ
 

ならば、襟をなくしてしまえば
良いですよね。
 

となると襟のない丸首ブラウスや
大人っぽいボウタイブラウスが良さそう?
 

それでも良いのですが、
もっとこなれた雰囲気にするには
 

綿ニットなどの
カットソーが一番のおすすめです

 


カットソーとは、
cut & sew
 

編み機で編んだものを裁断、縫製した
衣類のことです。

衿の形が似合うかどうか

カットソーはどうやって選ぶかというと
「衿のカット」で選ぶとよいです。
 

タートルネック
ハイネック
クルーネック
ラウンドネック
Vネック
ボートネック
スクエアネック
 

かなり種類がありますね〜。
正直どれが良いのやら。
 

迷った時は、
一番顔が小さくスッキリ見えるものを
探すと良いですよ。
 

袖の形は

ノースリーブ
タンクトップ
キャップスリーブ
フレンチスリーブ
半袖・五分袖・七分袖
ベルスリーブ…
 

上着やセーター、カーディガンなどに
隠れてしまうので
 

それほど気にならないのですが、
ジャケットの袖をまくって
インナーの袖口をチラ見せするとか
 

上級テクニックもあります。
ともかく鏡をよく見て調整しましょう。
 

サイズ感は、ジャストサイズか
少しゆるめのワンサイズ上を。
 

あんまりぴちっ、ぴたっとしたものだと
上着を脱いだ時に見栄えがしません。
 

知らないうちに縮んだ・太っちゃった(꒪⌓꒪)
とならないように、サイズ感は気をつけて。
 

カットソーでもサイズの確認用のがありますから
遠慮せず、店員さんに申し出ましょう。
 

おしゃれしたい時は
この作業が本当に大事!
 

店舗では使い捨てフェイスカバーを使い、
(通販ならノーメイクで試着を)
 

ジャケットやセーターとともに着るつもりなら
必ずそれらの服を持参しましょう

 

ほんの数センチのことでも
印象は変わるので、
妥協せずしっくりするものを選ぶ。
 

とても面倒くさいですけど、
 

しっかり選べば
コーディネートしやすい
最強の名脇役のカットソーとして
 

長いお付き合いになりますよ

一押しのジャケット・イン

初秋は長袖もいいけど
七分袖も良いですね。
 

ジャケットの袖をロールアップして
手首を見せると
コーデがスッキリと見えます。
 

そんな時七分袖だと袖口がもたつかなくて
カッコよく収まります。
 


 

最近気に入っているのは
Do Classeのもの。
 

どこが良いかというと
ダブルフロントと言って、
前身ごろが二重になっているんです。
 

白でも透けにくいし、
ハリがあるからきちんと見えます。
 
 


[ドゥクラッセ] ドゥクラッセTシャツ・ジャケットイン7分袖 (17409) L ライトグレー

 

↑ 首回りのカットが綺麗ですね。
上着を羽織ってもそのままでも
顔がスッキリ見えて
 

こういうのはいろんなコーデに着回せるので
色ちがいでもっていたい物。
 
 


[ドゥクラッセ] ドゥクラッセTシャツ・ボートネック7分袖/58cm丈 (18026) M ライトグレー

 

↑ こんなボートネックも
カジュアルな感じで何にでも合わせやすいです。
 

ジャケットを着たらきちんとして見えます。
通勤にも良いですよね。
 
 


[ドゥクラッセ] ドゥクラッセTシャツ・クルーネック7分袖 (18027) M ミッドナイトブルー

 

ネイビーや黒もあると
着まわし力が高まります。
 

ジャケットとカットソーのコーデ


 
↑ 大きめジャケットに丸首のカットソー。
ショートのヘアスタイルなので
首の詰まり気味なカットソーもスッキリ。
マニッシュ(男性的)な雰囲気も生きますね。
 
 

↑ 白のボートネックにジャケットを羽織って
こなれた雰囲気に。
ブラウンのロングスカートとブーツが
清楚なイメージも出していると思います。
 
 

↑ オーソドックスなグレーのスーツ。
程よいボートネックと大きめイヤリングが
固苦しさを軽減してますね。
 
 

↑ これもジャケットを羽織ったスタイル。
バッグが目立つパイソン柄なので、
ジャケットのインは文字入りじゃない方が
大人っぽく決まると思います。
ごちゃごちゃに注意です ☺️
 
 

↑ ベージュのラウンドカラー・ジャケットは
フードを取り外したコートです(ROPE PICNIC )
中は衿を邪魔しないような
ボートネックやクルーネックがいいと思います。
 

上手にトップスを選んで
秋のコーディネートを楽しみたいですね。

 
 

Instagram 始めました。
だいたい金曜日毎にコーデを載せています。
使用しているアイテムの詳細や
コーデの組み立てを書いてます☺️
フォローよろしくお願いします

2 件のコメント

  • こんにちは。ジャケットのインの話、とても興味深かったです。丁度、何を合わせようか悩んでました。
    襟のあるシャツ系だとWあ○のを思い出してしまうし(笑)
    紺の金ボタンのジャケットにスカートを合わせているのも若い子だと可愛いのですが中年以降にはお母さん感が満載のようで躊躇します。
    やはり、デニムとか、パンツかしら?

    • エクレアさんこんにちは(^_^)
      コメントありがとうございます。

      Wあさ◯懐かしいです。
      トラッド系と
      モード系の双璧でしたね╰(*´︶`*)╯

      今でしたらジャケットにセミワイド〜ワイドパンツで
      もお洒落かなーと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。