服の着まわし、出来なきゃダメですか?

こんにちは。Roです。

先日、髪のカットに行ってきました。

で、雑誌「STORY 11月号」を見て

久々にファッション雑誌を読んで楽しいなと
思えました。

大特集ページの概要はこんな感じです

「もういろんな服を着こなさなくていいし、
着まわし上手じゃなくていいし、
家事も仕事も無理しなくていい
少しサボると、
むしろ「オシャレ」で
もっと「幸せ」になる!(光文社HPより)」

私は特にがむしゃらに
頑張ってるわけではないのですが

「マイペースを保つ」とか
「余裕を持つ」ことには一生懸命なので
こうした記事は食いついてしまいます。

そこで今日は、
もっと肩の力を抜く手段として

「着回さないこと」

について
書いてみますね。

STORY に書いてあったこととは
ちょっとずれるかもしれませんが

「アイテムを組み合わせて
何パターンもコーデしなければ!
だけど毎日毎日ストレス!」と
苦痛を感じてる方に、
少しでも参考になれば嬉しいです。

好きな服を着回すことが出来ない悩み

着回しとは、
手持ちの洋服や靴、バッグなどで
何通りもの着方を実践していくこと、
くらいな意味です。

ショップで一目惚れして買った
一枚の服。

買ったはいいけど
なぜか1パターンしかコーディネートが
思いつかない。

そんなことはありませんか?

それで

「使い勝手の悪いものを買ってしまった」

「組み合わせが他にできないなんて…」

と罪悪感や情けなさを
感じることはないでしょうか。

着回しにくい原因

私の場合、「定番中の定番よね!」
と買ってしまったボーダーのニット。

ベーシックで合わせやすい、
と思いきや手強い一枚に。

チェックのこんなシャツも大好きなのですが、
実際買ってみるとあまり登場してこない
アイテムになっていたり。

なぜ着回しにくいのでしょうか?

それは、インパクト強めなアイテムに
一目惚れする確率が高いとして

はじめに目にしたコーディネートが
輝いて見えたから

私はそう考えています。

どういうことかというと、

「素敵だな」と強くほれ込むのと同時に、
何かしら理想のコーディネートが

脳裏に焼きつく

と思うんです。

雑誌やネットで見たコーディネート

ショーウィンドウで一目惚れした時の
ディスプレイなどなど

ものすごく心に響くレベルで
感じ入ってしまったら起こる現象が

それ以外のコーデはあり得ない、
という思い込み

他の組み合わせにただ”違和感”を
覚えるだけのことなのではないでしょうか。

本当はキマってるのに
どこかおかしい、かっこ悪い

第一印象から少し外れるコーデ
雰囲気がガラッと変わる組み合わせが

こうでなくてはいけない

という思いに反するから
応用がきかせられなくなるんです。

だったらワンパターンでいい

癖の強めな服でも、そうでなくても
頑張ればたくさんのコーデが楽しめるはず、
それなのに出来ない自分はセンスがないんだ…!

なんて落ち込む必要は全くないです。

センスの問題ではなくて
あらかじめインプットしてしまったもの

情報過多のせいなので
今の時代、仕方のないことかもしれません。

落ち込むよりも、はじめに思い描いた
一つのコーディネートを
ずーっと着続けた方がよほど楽しいです。

かっちりクローゼットの中にセットしておけば
着替えに慌てることもないし
すごくいいことだと思います。

ワンピースを一枚買ったのだと思えば
いいのではないでしょうか

あんまりインパクトの強いものを
沢山買いまくるのは嫌です。

でも、たまには衝動的にお買い物するのも
ストレス解消に大きく貢献します。

その時はワンパターン・コーディネートに
なったとしても

気にしない

図太くファッションを楽しみたいです。

それでも無駄のないワードローブがほしい時は
こんな方法もあります

圧倒的に選びやすいワードローブづくり

一軍・ヘビーローテション服もしっかり持っておくと安心ですね
ベーシックアイテムはやっぱり使える!

 

【関連記事】

服を減らしたい時、基準となる物は?
➡︎ 好きな服の見つけ方 似合う ほめられる服とは違うの?
 

コーデのまとめ役、
靴とバッグを賢く選ぶにはまずここに注目すると良いですよ

➡︎靴とバッグ。まずそろえるべきものは?

おしゃれするなら服減らせ!
速い人で二三時間で終わりますよ

服を減らしてコーディネート・アドバイスも受けられるワードローブ診断のご案内

 

メッセージをお寄せください
今日の記事はいかがでしたか?
ご質問や、感想、ブログへのリクエストを
いつでも受け付けております。
「主役級のこの服、それでも着回したいけど何かアイデアありませんか?」

 

「いつもワンパターンと思われるのが怖いです。それでもいいのですか?」

など、メールや記事にてお応えします。
お気軽にどうぞ!
ブログを書く励みにもなりますので
どうぞよろしくお願いいたします。
〈メッセージの送り方は2通り〉
●メールフォームに書く
 ⇒メールフォームはここをクリック
●コメント欄に書く
 ⇩この記事の一番下「コメント」欄に
  ご記入の上、送信して下さい。

 

そして今日の記事が気に入ったら
ランキングバナーも
クリックよろしくお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。