Ro (ろー)のプロフィール

はじめまして

このブログの管理人
Ro(ろー)です。
 

2019年、杉山律子氏主催の
スタイリストマスター認定協会の講座を修了、
認定を受け

一般の方、個人の方向けに
ファッション・コーディネート・アドバイス、
お手持ちのお洋服の総チェック
似合うもの、必要なアイテムのご提案をさせていただいております。
 

このブログでは
40代、50代女性ファッションについて
思うこと、考えていることを本音で発信しています。
 

それでは、
簡単なプロフィール
私の失敗体験と
このブログを運営している理由を書きますね。

 

■出身地…神奈川県
■50代
■趣味…ウィンドウ・ショッピング 英会話
■好き…犬 猫 森林 湖 海 鉄道旅
■好きな映画…清洲会議 ブルース・ブラザーズ あの頃ペニーレインと イングリッシュペイシェント
2001年宇宙の旅 千と千尋の神隠し
■好きなドラマ… 坂の上の雲 ビッグバンセオリー バビロンベルリン
◾️好きな作家…山岸凉子
■嫌い…雑踏
■好きなブランド… UNIQLO、UpperHights、Lautreamont THEORY
■職歴…大手進学塾営業 中学進学指導 個別進学指導 リフレクソロジスト アロマテラピーサロン営業
■修了講座 資格
・一般社団法人スタイリストマスター認定協会スタイリストマスター
・JREC日本リフレクソロジスト認定機構
マスターリフレクソロジスト

 
 

ファッション迷子 その原因は?

何を着ていいかわからなくなる時が
誰にでもくるのではないでしょうか。

その原因は、
服に自分を合わせられなくなってきたこと。

つまり、
若い頃はなんでもそれなりに
着こなしていくものですが

大人になると
「若さ」「元気さ」という特典がなくなり

自分に合う服に、
力を貸してもらわなくてはならなくなります。

どんなものが自分の役に立つのか、
ちょっと考え込んでわからなくなる

そんな場合が多いと思うのです。

迷いの始まりは?

私の場合、子供が生まれて「母親」として
新たなコミュニティに加わった時

具体的には幼稚園、小学校のPTAに
参加した頃からおかしなことになってきました。

“ママ友さん達”の服をなんとはなしに見ると
みなさんトレーナーにジーパン、スニーカーが
中心でした。

とくにオシャレを楽しんでるわけではなさそう。

私も「こんな感じでいいのね 」

と気を抜いていました。

⬛️自分のことより子供!

それでも時には
キャリア・ウーマンの友達と
ランチにも行きます。

なん年前に買ったかわからない
流行遅れのワンピースなどで
会いに行ったりしていました。

実家に子供を預けて直行することもあり、
なんと母の服を着て行って

「ごめんね、着替えを忘れて
親の服なのよね」

という場面も…。

服のことで
バカにするような友達ではないのが
幸いなのか不幸なのか。

若干、居心地悪い思いをしつつも

(たまーにレストランでランチするだけの
ために、わざわざ新調しなくて良し。
それよりも子供の習い事に
お金をかけなくちゃ)

くらいな気持ちで
自分の服は二の次にしていました。

それはそれで良いとは思うのですが

もともとファッションが好きだったのに
妥協とガマンを重ねた結果、
服への感覚がいつのまにか狂ってしまいました。
 

⬛️きちんとした服なら良いのか?

子供が中学生になる頃
仕事を再開して自由に使えるお金も増え、
きちっとした服を買うようにしました。

盲点は「キチっと」でした。

大人として
ちゃんとしたスーツなどを揃えておけば
立派なものだ。

普段着は適当でいいかな。

などと考えていました。

スーツやセミフォーマルなブラウスなどは
何年も着まわそうと思えば着回せます。

子供の学校の面談や仕事などで
それなりに役に立ちますし、
失敗も少ないです。

ですが、このような精神が
のちのち自分を苦しめることになります。

普段着、ちょっといいカジュアルを
着こなすセンス。

それがどんどん欠けていったのです。

時代はカジュアル

お洒落したい時も、
気を抜きたい時も

カジュアルウェアを着こなせたら
良いですよね。

きれい目カジュアル なんていう言葉も生まれ

よほどの高級レストランでない限り
カジュアルウェアでも
断られることはなくなってきました。

ところが

多く出回っている流行りのものを着れば
それなりに見えることが難しい!
そんな状況におちいりました。

それは、自我が固まってきて
個性として外見にも現れるのが原因

と私は考えています。

どういうことかというと、
一人一人の個性・性格が明確になるのが
40代、50代です。

表情や身のこなしにそれははっきり現れてきます。

ですから、
ふつうの「流行りもの=ファッション」では
似合わせるのが厳しくなってくるのです。

そんな事実には気づかないまま
10年以上、ファッションのことは適当にやり過ごしました。

ブログ・ブームに乗って

子供が自立して、何か新しく始めたいと思った時
とりあえずブログを始めてみました。

テーマはファッションで、
その頃話題になった骨格とカラーの診断により
自分は「ストレート・冬」ということを知り

楽天ファッションなどから
似合いそうなアイテムリンクを集めてきて

同じタイプの人とつながれたら面白いな
くらいな気持ちで書き始めたのです。

コーデ写真などは、自撮りしてみると
アタマで思っていたのと全然違って
つたないことがわかりました。

そうこうするうちに、
ブログ内容がスカスカなことが情けなくなり

ここは一つ、コーディネートの勉強をしよう!

となりました。

50代にしてスタイリストの方の講座に入門。
→ レポートはこちら

もう遅いのかな、と思いつつ
レッスンはそれはそれは楽しくて

それからは一日中、
服の色や形や手ざわり、
雰囲気や組み合わせのことを
考えるようになりました。

今が楽しむ時

仕事やご家庭のことで、
自分の身の回りのことは
二の次、三の次になっている方

私が経験してきたような
悩みをお持ちの方に、
このブログが少しでも参考になりましたら嬉しいです。

ファッションを楽しむなら今です。

それでは、
お読みいただきありがとうございました。

Ro