私のストーリー(仮)

今取り組んでいるパーソナル・スタイリストのこと、そしてブログ発信を中心に、ストーリーを追っていこうと思います。

仮面の自分

仮面とは、自分を大きく見せて
「私は優秀だ」ということを
周りにアピールするためにかぶるもの。

私の場合、
良い仕事を得て成功することで

友人知人、
特に学生時代の同級生と
肩を並べたいという思いが
強かったです。

私の周りには
大きな会社の社長に抜擢されたとか、
医師、弁護士として活躍している人がいて
それはもう眩しいものです。

同じことはできなくても、
私も適正ある職種で上手くやりたい、
そんな欲が確かにありました。

ところが、
得意なことを選んで職に就いても
これがなかなかうまくいきませんでした。

体力的に続かなかったり、
社長と喧嘩したり。

仕事選びの時点で
無理していたと思います。

何をやっても長続きしないので、
無能さへのコンプレックスは
どんどん大きくなっていきました。

間違った目標

職を転々としたのち、
TOSHIさんのブログ講座に参加しました。

テーマは40歳以降の女性ファッション。

当初は楽天やAmazonの
アフィリエイトをやるつもりでした。

そのうち、
パーソナルスタイリングを学んで
コンテンツにしようと決心したのが
2018年くらいのこと。

◼️認定スタイリストとして成功を目指す

講座を吟味した末、本も出版されている杉山律子さんのスタイリスト養成講座に入りました。

決め手は、
認知度があってコンセプトがわかりやすい、
簡単、自分でもできると思ったからです。

白、黒、ベージュを毎日ワンパターンでもいいからシックに着こなそう。

こんなコンセプトは
シンプルでとても楽です。

しばらくは夢中になって
色柄モノを断捨離し

タンスの中もすかすかに
減らしていきました。

見せかけの成功体験

パーソナルスタイリストとして認定された後、
師匠のFacebookグループや
講座補佐として活動が始まりました。

グループのタイムラインで
週に一回コーディネートを発表。

外部からのフォロワーも参加していて、
ここが切磋琢磨の場です。

半年経った頃、
慣れてきて一定の評価を
得られるようになりました。

講座補佐も順調にこなし、
ギャラもいただけるようになったのです。

ブログでは、
自主的にお客様を募集しました。

モニターを受けてくれたり、口コミでワードローブ診断を申し込んでもらえたり、少しずつ経験が積み上がってきました。

疑問を感じる

ごく小さな疑問でしたが、私がアドバイスしている内容はシンプルシックすぎないか?

ふとそう感じるようになりました。

同じスタイリスト仲間と自由が丘のカフェでオフ会があった時のことです。

その一角だけ、黒、黒、黒、ベージュ、グレー…

異様なほど地味な集団がそこにはいました。

私は非常に焦ったのですが、みんなを見回すと何も感じていないようです。

それどころか、お互いを褒め合って、コーデが被りまくっているのになんの疑問もないようなのです。

事件

そうこうしているうちに、新型コロナウィルス大流行で、おしゃれしたい気持ちがゼロになってしまいました。

仕方がないので運動や美容記事を書きながらも、心理的には閉塞感でいっぱい。

出かけるところも出かけたいようなところもなく、ウダウダと過ごしていました。

パラダイムシフト 転機

もう閉じこもった生活もうんざり。

行動を変えようと思いました。

とりあえず師匠のFacebookグループを休会し、講座補佐も断るように。

それでどうしようかは考えてませんでした。

ですが、習ったことに囚われすぎている私の呪縛を、一旦クリアにしようと思ったのです。

そして、モニターしてくれた友人に連絡を取り、再度感想を聞いてみたところ

「スタイリスト協会のInstagramを見てるといかにも”通”だな、という感じ。真似はしたくない、出来ない」

と言われました。

頭をガツンと殴られた気がしました。

私の感じていた疑問と違和感が明らかになったと強く感じました。

私がアドバイスしてきたことは面白くないんだ。

「杉山律子さんファン」には受けても、私ではダメなんだ。

こういう気づきを与えられました。

本当の目的に気づく

この道を目指すのは間違いではなかったけど、
もっと自由に、楽しいファッションの世界を知りたい。

これだ!というものを見つけたい。

そんな欲求が強くなってきて、コロナもややおさまってきたので

今、自分の服をもっと自由に考えようとしつつあります。

新しい出会い コミュニティ創設

濃縮塾の皆さんからはもちろんですが、
あるラジオ番組リスナー同士ののコミュニティからも刺激をうけています。

多ジャンルの知り合いが増えて、興味もどんどん広がっていってます。

ゼロになってしまったファッションへの意欲がどんどん回復してきました。

最終試練 ラスボスとの戦い

課題としては、

・オリジナルなコンテンツを生み出すこと。
・人との触れ合いからヒントを得ること。
・発信し続けること。
・苦しまず喜びを持ってやること。

このような目的意識を持って、ビジネスはもちろん、人生を充実させていこうと思います。

本来の濃縮な心は

→ 面白いことを追求して友と分かち合う心

このようなことになるでしょう